ウォーターエージェンシー(難易度☆☆☆)

感想

「いろはす」が好きです。ヒヒ馬です。あの柔らかいペットボトルを持っただけで、爽やかな気持ちになれるんですよね。しかもレモンとか、桃とか、色んな味を出しているのに、全部「透明」で出すところが、にくいですよねぇ。 すべて爽やかに見えてきます(笑) というわけで、今日はいろはすの課題…、ではなく、こちらの課題に取り組んだ感想です。


水と深く関わっているウォーターエージェンシーの姿勢を幅広く伝えるためのアイデア

本当に、世の中って、色んな会社があるんだなあと気づかされます(笑) 「水」って水道局の仕事だけじゃなかったのか!「水」から発想すると、「生きていくうえで、一番大切な、水を支えてます。」的な、大げさでそんなに実感がないコピーが生まれがちだったので、ちゃんとこの会社がどういう仕事をしているのか調べてみると、色々気づきがあります。「インフラ」という大きい視点でも、「公園の水」とかいう、身近な視点でも攻めれるので、意外と突破口は多いです。こういう課題、好き。書きたいこといっぱいあるけど、全てヒントになってしまう(笑) でも、インプットが少し大変なので、難易度☆3つです!

キャッチコピー・ライティングのご依頼、絶賛受付中

こういう、渋い課題は、なぜか得意(笑)

コメント

タイトルとURLをコピーしました