謎の作業と、IBM。

振り返り

新聞社で働いていたことがあります。ヒヒ馬です。はじめは簡単な動画制作要因として働いていたのですが、だんだんと、販促物制作まで、なぜか任されるようになりました。いや、イラストレーターなんて全然いじったことなかったし、本当調べながら、なんとか形にするぐらいのレベルなんですが、それほど、

パソコンできる人、全くいなんです…。

「ワードに画像を貼り付ける」だけで、ヘルプを求められるぐらいの、レベルです(笑) そんな中、すごい不思議な文化(?)がありまして。普通、データが出来上がったら、メールで送るじゃないですか。重いデータだったら、ギガファイル便とか使って。でも、社員によっては、

「このUSBに入れて、できたら持ってきて」

超絶、面倒くさい!!(笑) 同フロアならまだしも、USB持って3階分を移動するなんて、ザラでしたからね。しかも、それで確認して、「あー、ここ、修正して」と言われたら、地獄のUSB往復の始まりです(笑) もーーー、早く、

IBMのフラッシュストレージ入れて、
とっととクラウドにしろーー!!!!

と、前の職場を思い返しながら、取り組んでいたのが、IBMの課題でした(笑)

キャッチコピー30案、1万円で、制作いたします!

ただ、彼らは、100%クラウドを使いこなせない気がする…。

コメント

タイトルとURLをコピーしました