自分ではじいたコピーが、受賞作品かもしれない。

自分なりの書き方

1000円の焼きラーメンを頼んだ、レストランの厨房から、サッポロ一番の袋が見えました。ヒヒ馬です。衝撃的な事実は、世の中結構ありますよね(笑) そうそう、前回自分の受賞作品「リア住。」というマンションのコピーも、実は、

「あれ、自分も書いていたけど、消しちゃったんですよね…」

という方がいました(笑) いや、いっぱい考えていた人はいたかもしれません。でも、

応募したのは、自分と、狩野さんだけ。

だから、本当に、これだけは言えます。

応募して、100%、損はない。

迷ってるぐらいなら、絶対出すべきだと思います! 自分のコピーを見る目が審査員と同じかどうかなんて分からないですし、そもそもいいコピーかどうかを判断するのは、審査員の仕事です(笑) 特に今回100案も出せるんです。もう、どんなコピーも、アイデアも、チャレンジしろとばかりの案数だと思います! 「こんなくだらないコピー、ダメだ」と思っているコピーで受賞している人が、出てくるかもしれません(笑) そういう後悔を減らすためにも、全部とにかく出すべきだと思います。意外と、練りに練ったものより、思い付きでササっと書いたものが、取ったりするのも、宣伝会議賞の面白いところだと感じている、今日この頃です。

キャッチコピー・ライティングのご依頼、絶賛受付中

テストの答案だって、とにかく書けば、当たるかもしれないし(笑)

コメント

タイトルとURLをコピーしました