宣伝会議賞の没作品、晒しちゃうぜ!(キヤノンCM)

振り返り

没作品
ブログにすれば
ネタになる

ヒヒ馬です。というわけで、今日から早速、宣伝会議賞で箸にも棒にも掛からなかった作品を晒しまくりたいと思います!落選作品を公開するのって、わりと意見が分かれる気がするんですが、

このまま誰の目にも触れず、
ただただ消えゆく作品なんて、
不憫すぎる…。

まぁ、せっかく考えた作品だから、なんか生かしてあげたいなぁと思うわけです。没作品をリサイクルしているわけです。そうです。これはエコ活動です。というわけで今日はキヤノンのミニフォトプリンター「iNSPiC PV-123」のCM作品を、晒します!

SE:銃の音
男A「ぐわ!」
男B「くっくっく、貴様も、これで終わりだな」
男A「あぁ、今までの思い出が、走馬灯のように蘇って…。蘇って…、あれ? 蘇ってこないな」
男B「それが、一番の、悲劇だな」
NA「思い出、すっかり忘れちゃっていませんか?スマホの写真を貼って、自分だけのアルバムを作ろう!キヤノン iNSPiC PV-123」

わりと好きだったんだけど、まぁ、スマホプリントとちょっと遠いかなぁ。

女「ねぇ」
男「なに?」
女「このシールの女、誰?」
男「あ」
NA「つい、何でもシールにしたくなるほど、楽しいスマホプリント!iNSPiC PV-123」

これも好きだったんだけど、うん、雑だ(笑)

□手帳を開くと、初日はぎっしり文字が書いてある。
□ページをめくるたび、文字が減っていく
□ついには、「仕事だった」と1行だけになる
NA「書くだけの手帳は、続きにくい。だから」
□次のページから、写真がたくさん貼ってあり、手帳がにぎやかになっていく
NA「スマホの写真を、貼り付けよう!」
□商品カット
NA「手帳が楽しくなる。Canon iNSPiC PV-123」

手帳は写真で貼る形式にすれば続けられるみたいなこと言いたかったんだけど、まぁ、普通かなぁ。

□バイト仲間で、辞める友達へ、寄せ書きを書いている。
□寄せ書きを企画した女が、色紙をみるが、空白が目立っていることに気づく。
□友達のバイト最終日に、色紙を渡す女。
□感動する友達。
□色紙には。友達とバイト仲間の写真が、たくさん貼られている。
NA&テロップ「思い出を、貼ろう」
□商品カット
NA「キヤノン iNSPiC PV-123」

「寄せ書きの空欄を、写真を貼って埋められる」みたいな切り口はわりと攻めたんだけど、これ、もっと逆バージョンで面白くできたなぁ。

□数学の受験ノート
□開くとたくさんの計算式と公式がびっしり書かれている。
□最後のページを開くと、合格発表の掲示板を前に、泣いて喜ぶ学生の写真が、シールで貼ってある。
NA「心に貼りつく、思い出を」
□商品カット NA「Canon iNSPiC PV-123」

これも、あんまり「スマホプリント」とそんなにマッチしてないかなぁ。いやー、あれですね。

やっぱり、落選作品は、落選作品ですね(笑)

キャッチコピー30案、1万円で、制作いたします!

うん、見せるものではないかもしれない(笑)

コメント

タイトルとURLをコピーしました