宣伝会議賞の没作品、晒しちゃうぜ!(京セラCM)

振り返り

京セラは苦しんだなぁ。ヒヒ馬です。だってオリエンに書いてあること

すっげー、ざっくりしてるんだもん(笑)

「自分を磨く仲間が集まれば、想像を超えていける。」って、「チームワークで頑張ろう」ぐらいにしか捉えられず、あとは「世界」とか「革新」とか「夢」的な切り口でしかうまくせめられなかったなぁ。というわけで、そんなざっくりしたCMの没作品を、晒しちゃうぜ!

男A「お前の会社って、ブラック?」
男B「残業多いし、ブラックだよ。お前は?」
男A「俺は、わりと定時で上がれるから、ホワイト!」
男B「いーなー、お前は?」
男C「うーん、そんなの、考えたこともなかったな」
男A・B「え」
NA「ブラック企業か、ホワイト企業かより、やりたいことができるかどうか。京セラ」

結構、本心で思っている価値観だけど、まぁ、そんなに今回の課題と合ってないかなぁ。

□子供たちの夢が書かれた短冊が揺れている。
□研究者が、その短冊を1つ1つじっくりと見て、メモしている
□その様子をみて、不審がる主婦たち
NA「真面目に、夢を作ろうとする会社」
□企業ロゴ NA「京セラ」

「夢を叶える」だけじゃ、やっぱりザックリしすぎですよねぇ。

□京セラで、日本の技術者と、海外の技術者が、英語でお互い真剣に、語り合っている。
NA「飛び交っているのは、英語ではなく、情熱です」
□企業ロゴ

これは、コピーから発想したCM。若干の、湘南美容外科クリニック感。

男A「いやいや、そんなのできないよ」
男B「無理無理無理」
男C「やめときなって」
男D「面白い、やろう」
NA「最後の発言が、京セラです」

これ、好きだったんだけど、まぁ「挑戦」的なことしか言えてないですよねぇ。

□中国人の女性が、日本の携帯ショップで、スマホを探している
□スマホを手に取るが、買っていいのかどうか悩んでいる
□パンフレットに、京セラのロゴを見つける
□そのスマホを爆買いし始める
NA「海外からも、信頼されているメーカー」
□企業ロゴ
NA「京セラ」

スマホを爆買いって、よく考えると、シュールだなぁ(笑)

男A「なぁ、俺、今度海外出張にいくことになったんだ!」
男B「へぇ」
男A「なんだ、驚いて、言葉もでないのか?」
男B「あ、いや…」
NA「世界に出るなんて、当たり前。京セラ」

うーん、シンプルすぎるかなぁ。もう少しインパクトがほしい…。

□世界地図のジグソーパズル
□各国のカタチに合った、機械の部品を、はめていく
□全部はめ終わると、世界地図が輝きだす
NA「世界に足りない部品を、はめていく」
□ロゴ
NA「京セラ」

「輝く」だけじゃ、なんか普通の展開だなぁ。

□ジャングルで部族が暮らしている。
□スーツを着た日本人が現れる。
□みんな警戒している。村長が攻撃姿勢で追い返そうとする
□京セラの名刺を取り出す
□部族のみんなが一気に安心した顔になり、村の中に招き入れる
NA「世界に、社名が通じる会社」
□ロゴ
NA「京セラ」

部族を使うなら、先進的な生活をしていた、みたいなオチで「世界をアップデートする」的な路線にすればよかったなぁ。

CMは、「シンプル」を心掛けすぎてしまって、「工夫」が足りない作品を量産してしまった印象かなぁ。次回に生かそう!

キャッチコピー30案、1万円で、制作いたします!

本当、どんな作品が、選ばれてるんだろうか…。

コメント

タイトルとURLをコピーしました