宣伝会議賞の没作品、晒しちゃうぜ!(ホーチキのコピー)

振り返り

コロナで色んな景気が下がっているみたいですね。ヒヒ馬です。全然詳しくないし、実感ないんですが、あの株価が下がっているグラフをみると、「経済って、お金じゃなくて、人の動きなんだなぁ」と実感します。今日は、そんな人を命を守る、火災警報器メーカー、ホーチキの没キャッチコピーを、晒しちゃうぜ!

いざ慌てていると、声は出ない。

「声出せばよくない?」人に対して反論するようなコピー。

音質までこだわる。
命を預かるものだから。

固いかなぁ。

もうこれ以上、
日本の大切なものが、
燃える姿は見たくない。

これ、京アニを想って書いたんだけど、まさか首里城にもあてはまってしまうとは…。

工事不要。

火災警報器って、なんとなく、取り付け工事があるような気がしたんだけど、意外と簡単に取り付けられるんですよねぇ。

その警報器、今も鳴る?

火災警報器は、10年が寿命らしいですね。

火災保険は、
警報器がなかった場合は、
おりないこともある。

らしいですね。

経営理念に、
 「人命」が入っている、
メーカーです。

ちょっと、回りくどいかなぁ。

人は、
イライラすると、
火を付けたくなるらしい。

恐怖訴求は、やっぱりイヤな感じですね(笑)

私たちの製品は、
警視庁からの要請から、
始まった。

「信頼」をアピールしようと思ったんだけど、遠回りかなぁ。

安心して、
魚が焼ける、
 火災警報機。

誤作動が少ないという意味ですね。

火事が起こる前に、
警報機が亡くなっていた。

これ、好きだったんだけどなぁ。「亡」がやっぱりよくないかな。

10年前の警報機。
ただの飾りになっていませんか?

警報機の点検を促すコピー。まぁ、営業トークっぽいかな。

警報機の鳴る時間が、
逃げられる時間です。

火災警報器の感度の重要性をアピールしたコピー。

どんなにいいベッドでも、叩き起こします。

警報機の音の大きさをPRしたコピー。

知ってました?
電子タバコでも、
発火すること。

まぁ、あんまりないんですけどね(笑)

冬は、よく燃える、季節です。

いやな恐怖訴求だ…。

部屋の景観まで、守ります。

あんまり、目立たないデザインらしい。

静かなデザイン。うるさい安心。

これ、好きだったんだけどなぁ。

耳が遠いお婆ちゃんが、飛び起きた。

音の大きさの安心感をPR。

皇居御用達。

これ、強いと思ったんだけどなぁ。

ずっと、役に立ちませんように。

まぁ、こういう系は、被りますよねぇ…。

コピーライターに、30案1万円で、依頼できます!

人の心が読める人は、投資が得意なのかもなぁ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました