宣伝会議賞、ライバルをつぶすコピー、強い説。

分析

「ライバル」というと、ポケモンを思い出します。ヒヒ馬です。あいつ、こっちが最初に選んだポケモンに強いタイプのポケモンを選ぶから、卑怯ですよねぇ。というわけで、今日は、そんなライバルをつぶすコピーを紹介します!例えば、このコピー。

履き慣れた靴は、買えない。
(セメダイン/シューズドクターN)

ここで、靴底の減りを直すセメダインの「シューズドクターN」ライバルは、何かを考えてみます。もちろん競合他社や靴のグッズメーカーに似たような商品はあるかもしれませんが、それよりも一番のライバルは…、

新しい靴。

「わざわざ靴底なんか直すの面倒くさいだろが。そんな靴とっとと捨てて、新しいピカピカの靴を買った方がテンションも上がるぜ」というステータスを持ち合わせている「新しい靴」がライバルです!そんなライバル「新しい靴」に対して、シューズドクターNの攻撃!

「お前には、履き慣れた感が、一切なーーーーい!」

急所にあたった!「シューズドクターN」は、「新しい靴」をたおした。経験値120獲得。シューズドクターNのレベルがあがった。新しく「カラーバリエーション」を覚えようとしている…ってふざけすぎました(笑) とまぁ、商品のライバルは何か。そしてそのライバルにはない攻撃技は何かを考えることで、より説得力のあるコピーが考えられるのではと思ったんですよね。他にも、

引っ越さなくても、家は変われる。
(BRUNO)

「BRUNO」VS「引っ越し」 BRUNOの攻撃「わざわざ引っ越すのだるすぎだろおお」

普通の荷物は、配送センターに寄り道する。
(Pick Go)

「PickGo」VS 「普通の荷物」 PickGo攻撃「クロネコも佐川も寄り道すんなあああああ」

「何があってもオマエを守る」という人も、
毎日寝る。

(ホーチキ)

「ホーチキ」VS「頼れる夫」 ホーチキの攻撃「夜中でもお前は守れんのかよおおお」

やっぱり、ヒーローって、敵がいて初めて活躍が際立つじゃないですか。だから商品においても、あえて敵を作ることで、その商品が際立つのかもしれないと思った、分析でした(笑)

ライバルをどいつにするかも、コピーを考えるとき、楽しいところですよね(笑)

コメント

タイトルとURLをコピーしました