宣伝会議賞、とりあえず「家族」を出せば強いんじゃないか説を検証してみた。

分析

非常に、嫌なタイトルですよね(笑) ヒヒ馬です。でも、毎年、思うんですよ。

家族を使ったコピー、多い!

「父」「母」「夫妻」「爺婆」「兄弟」「姉妹」「子供」 ここらへんを登場人物にしたコピーは、すごいよく見る気がします。やっぱり、「家族愛」的な温かさがプラスされて、よりコピーを引き立たせるんじゃないかと思うんですよね。というわけで、今回の宣伝会議賞、「家族」を登場させたコピーはどれだけ多かったのか、調べてみました!

はコーヒーに入れている。
は料理に入れている。
私はカバンに入れている。
(キッコーマン豆乳)

父親の靴を直したら、
翌朝、嬉しそうな足音がした。
(セメダイン シューズドクターN)

冷蔵庫のエクレアに、が貼ってある。
(キヤノン iNSPiC PV-123)

元彼の目覚ましが、
を叩き起こし続ける。
(パナソニック エボルタNEO)

の死因は、火事というより、
電池切れ報知器でした。
(ホーチキ)

息子に聞くより早いわ。
(ヤフーアプリ)

…以上でした。協賛企業賞とファイナリスト作品を合わせて6作品。いうほど多くなかった(笑)しかし、皆さん、この6作品共通点がありますよね。はい、そうです。

すべて、身の回りの商品の課題ですね。

「キッコーマン」や「キヤノン」など、身の回りにある課題は書きやすい分、みんな応募してくる分、倍率も高くて大変なのですが、家族を登場させることで、他とは一味違う視点のコピーが書けるようになるかもしれませんね。

ちなみに、他に出てきた登場人物は、

なるべく早く、部長と別れるルートを調べた。
(ジョルダン)

「部長」も、宣伝会議賞ではなぜか鉄板ですよね(笑) 頼れる存在というよりは「嫌な存在」として描かれることが多いです(笑) 過去のグランプリ作品にも部長が登場しています。

部長が目にしみる。
(シービック デオナチュレ男シリーズ)

もはや、煙扱いの部長です(笑) でも、かわいい部長もいました。

部長が缶コーヒーからイメチェンした。
(森永乳業 マウントレーニア)

呆気にとられる部長もいました。

部長、ピアノのレッスンなので、帰ります。
(ヤマハ大人の音楽レッスン)

そして、今回の宣伝会議賞で初めて登場した人物、そして今後二度と登場しないんじゃないかというレアキャラがいましたね(笑)

スマホの中にね、
池上彰がいるの。

(ヤフーアプリ)

そもそも芸能人を登場させて賞をとったコピーって、初なんじゃないですかね。「インフェルノ」もそうですが、宣伝会議賞においては、そういう固有名詞も寛容なんですよね。

「家族」「部長」「有名人」 アイデアに詰まったら、とにかく色んな人物を登場させるやり方も試してみたいと思った、分析でした(笑)

コピーライターに、10案1万円で、依頼できます!

家族愛が薄い自分には、なかなか難しい切り口なんですよねぇ(笑)

コメント

タイトルとURLをコピーしました