好きな協賛企業賞②

うまい

やっぱり、

キャッチコピーって、おもしれーー!!!!!

ヒヒ馬です。受賞作品やファイナリストの作品を見ていると、もうワクワクしちゃいますね。「いやーー、そうきたか」「うわーー、なにその発想!」とか、もうニヤニヤしちゃいます(笑) だから宣伝会議賞好きなんですよねぇ。本当、日本人全国民が宣伝会議賞に取り組めば、みんなコピーライターになりたくなってくるんじゃないかとか思います(笑) というわけで、自分が好きな協賛企業賞します! 昨日のヤフーのコピーと、なんとたまたま同じ作者さんのコピーでした!いやー、この作者さん、完全に自分のドツボです(笑)

【課題】国際リニアコライダー(ILC)を知ってもらうアイデア

宇宙が分からないなら、
宇宙をつくればいいじゃない。

いやーーー、面白いかつ、本当分かりやすい説明で、これはすごい勉強になりました。いや、自分のコピーは「ビッグバン!!」とか「宇宙!!!!」とか、なんかすごそうなワードをとにかく叫びまくってるようなコピーで、あんまりちゃんと「国際リニアコライダー」について説明できているものが少なかったんですよね。でも、これは、「宇宙の謎を解明するために、ビッグバンの状態を再現する」というのを、興味のそそるような言い回しでちゃんと説明出来ていて、「頭いい!!」と興奮したコピーでした! 

昨日紹介した「スマホの中にね、池上彰がいるの」というヤフーのコピーもそうですが、「しっかり分かりやすく説明する」という基本が、自分には抜けているような気がしましたねぇ。「その商品を初めて見る人にそのコピーはちゃんと届くか」という視点が、コピーを書いていくにつれてどんどん抜けていってしまうような気がするなぁと反省。しっかり調べたうえで、はじめてその商品を見た人に、どう説明するのか。そのうえで、どう魅力を伝えるのか。説明もちゃんとできていないのに、魅力をとにかくごり押ししちゃって「え、え、どういう意味?」と聞いている人を混乱させるような感じになっているんじゃないかと、感じました。「分かりやすく説明する」ってだけでも、十分に魅力的なコピーになるというのを、再認識された、そんなコピーでした!W受賞、おめでとうございます!

「いいじゃない」って、言い回しも、キャッチーで、もうにくいなぁ(笑)

コメント

タイトルとURLをコピーしました