今年のSBCラジオCMはスゴイ!~アルプス運輸建設~

ハートフル

いかにも「職人」って人が、苦手です。ヒヒ馬です。プライド高そうだし、怒ったら怖そうだし、気難しそうだし。色々空気読まなくちゃいけないし。でも、そういう人が優しかったりすると、一気に好感度が高くなるんですよねぇ。そんなギャップ萌えのラジオCMを紹介します!

女性1:トラックって大きくて怖いわよねぇ。
女性2:そうそう。運転手も強面よねぇ
SE:(トラックが止まる音)
女性1:あらやだ、聞こえちゃったかしら・・・。
女性2:降りた!近づいてくるわ!
運転手:ハンカチ、落としましたよ。
女性1:・・・あ、ありがとうございます。
NA:届けたいのは、思いやり。アルプス運輸建設。

第8回SBCラジオCMコンテスト 協賛企業賞

この作品、何がいいかって、最初の2行だと思うんですよ。だって普通、

商品をとにかく褒めまくりたいじゃないですか!

「トラックは欠かせない!「トラックかっこいい!」「トラック最高!」とにかくトラックのいい所を見つけてそれを全力で褒めまくるのが、わりとオーソドックスなCMの作り方だと思うんですけど、この作品、あえてトラックのネガティブなところを正直に伝えてるんですよ!だから、聞きても共感しやすいですよね。で、そのネガティブなところを最後にひっくり返す分、「届けたいのは、思いやり」というわりと普通のコピーが、ギャップがある分、強力に感じるわけですよねぇ。1つの型として、

ネガティブなところを正直に言わせる

オチでひっくり返す

という手法は、試してみたいなぁと感じた、受賞作品でした!

コピーライターに、10案1万円で、依頼できます!

コピーもそうですけど、本音が入ったCMはやっぱり強いなぁ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました