ローソンのデザインの話。

自分事

ローソンのプライベートブランドのデザインが、ちょっと話題になってましたね。

ローソンのプライベートブランドのデザインに賛否両論
LAWSON(ローソン)のプライベートブランド商品のデザインに賛否両論があったのでまとめました。デザイナーの意見、一般消費者の意見、若い子の意見、色々ありますね。個人的には店頭でSNSとかやらない..

ヒヒ馬です。パッケージは可愛くなったけど、中身が分かりにくいという感じで賛否両論みたいです。ローソンは最近スイーツにも力を入れていると宣伝してるし、おそらくターゲットを「女性」に絞ってきているんだろうなぁってことが何となく伝わってきます。つまり、ターゲット層を絞ることで、他のコンビニと「差別化」していきたいんだろうなぁってことが伝わってきますね。ちょっとここで、各コンビニのイメージを何となくまとめてみました。

セブンイレブン=老若男女(店舗数No.1)
ファミリーマート=学生・男性(ファミチキ)
ローソン=女性(スイーツ、ナチュラルローソン)

コンビニなんてどこも同じって思っていたけど、わりと考えてみると違いが見つけられますね。セブンイレブンはとにかくコンビニオーナー募集しまくって店舗数増やしまくって、数で攻めているイメージ。ファミリーマートは、「ファミチキ先輩」というキャラクターからも、若年層を狙っているのかなぁ。ちょっとジャンキーなイメージ。ローソンは、明らかに女性を意識している感じがします。

今回のデザインの一新も、ターゲットを女性に狭めることで差別化していきたいという1つの施策なんだろうなぁと見ていて感じました。だって、老若男女を意識していたら、あんな攻めたデザインは絶対できないはず。まぁ、賛否両論はさておき、ブランディングの背景を考えることで、その企業の狙いが見えてきて面白いですよねぇ。

うちはセブンイレブンしか近くにない…。

コメント

タイトルとURLをコピーしました