シルバー、これじゃね?⑥

うまい

即レスが好きです。ヒヒ馬です。メールの返信とか、その場できることは、その場でやってしまいたいタイプです。でも、意外と厄介なタスクが、

「請求書郵送してください」

「請求書制作」「印刷」「捺印」「封筒に書く」「郵便局に行く(しかも休日だったらやってない)」なので、この指示はすごい忘れそうになりそうで怖いんですよね。「請求書はすべてpdf」という法律が、早く施行されてほしいです(笑) というわけで、今日は配送にまつわる宣伝会議賞ファイナリスト作品をご紹介します!

【課題】企業が緊急配送でPickGoを使いたくなるキャッチフレーズ

お急ぎですか、超お急ぎですか?

これ、何が好きかというと、

とにかく急ぎの荷物なら、PickGO。

という、分かりやすいイメージをしっかり植え付けられるところが、いいなぁと思ったんですよね。新サービスとか新商品って、「で、結局何ができるの?」をまずしっかり伝えるのが、すごい大切だと思うんですよね。だって、何ができるか分からない人に、「よし、頼もう!」とは、100%ならないですよね(笑) そういう意味で、このコピーを見れば、一発で「急ぎの荷物は、Pick GOを使おう」とすぐに想起できて、本当に役に立ちそうなコピーだと感じました!

これも、言い方がうまいんですよねぇ。「お急ぎですか、普通ですか?」とくると思いきや、「超お急ぎですか?」と後半で裏切ってくるところが、すごいうまいんですよね。しかも「超お急ぎ」と裏切ることで、より「緊急配送」が強調されるという効果が出て、本当見事なんですよねぇ。CMならある程度フリが作れるので、裏切るようなオチを作るのはわりと簡単なんですが、キャッチコピーは、基本1行しかないので、そのなかで裏切りを仕込むのは、本当、職人技。そんな裏切りが巧みな作品は、過去にも。

飲酒は30歳を過ぎてから。
(第30回宣伝会議賞グランプリ/サントリークレスト12年)

「20歳」かと思いきや「30歳」

クルマは急に止まりたい。
(第55回宣伝会議賞 協賛企業賞/コンチネンタルタイヤ)

「止まれない」かと思いきや「止まりたい」

お も て な せ な い
(第52回宣伝会議賞 眞木準賞/ECC)

「おもてなし」かと思いきや「おもてなせない」

思わず二度見するような裏切りのある表現、次回はチャレンジしてみたい!

コピーライターに、10案1万円で、依頼できます!

「バイトするならタウンワーク」って連呼するコピーがあるじゃないですか。あれも、「タウンワーク=電話帳」というイメージをとにかく払拭するために、「バイト探すときにタウンワークを思い出してもらう」を想起させるのに、しっかり機能するコピーだと思うんですよね。こういう、一見地味であまり評価されてないようなコピーも、わりと自分は好きだったりします(笑)

コメント

タイトルとURLをコピーしました