読み聞かせ。寝たら、成功。寝なかったら、大成功。

ハートフル

「ぐりとぐら」が好きでした。ヒヒ馬です。絵本の中に出てくるパンケーキが本当美味しそうで、よだれを垂らしながら読んでいたような気がします(笑) そんな懐かしい思い出が読みがるようなコピーを分析していきます!TCC新人賞、今日はマクドナルドのハッピーセットのコピーです!

読み聞かせ。
寝たら、成功。
寝なかったら、大成功。

日本マクドナルド/本のハッピーセット/ポスター

どっちみち、成功やん!!と、突っ込みたくなる、ポジティブなコピーですね(笑) 「ハズレなし」と聞いて、くじ引きを引きたくなるような感覚かな?「確かに育児に役に立つかも!ちょっとハッピーセット買ってみようかな」と、「読み聞かせ」に前向きにさせるような、そして、「親子愛」という、素敵なイメージを想像させるようなキャッチコピーになっているかなと思います。

このコピー、読み手の想像を

裏切っていますよね。

コピー「読み聞かせ。寝たら成功。寝なかったら…
読み手「あ、失敗かな」
コピー「大成功!」
読み手「なにー!?」

大袈裟に言うと、こういう驚きを作っているようなうまいレトリックだなぁと感じます(笑) 絶対「成功」の反対が来ると、脳が勝手に待ち構えちゃうもんなぁ。こういう「裏切り」は、キャッチコピーもラジオCMも共通していると思うんですよね。読み手の想像の裏をいくコピー、書いてみたいぜ!

よく考えたら、ハッピーセットで絵本って、だいぶ豪華ですよね(笑)

コメント

タイトルとURLをコピーしました