量産の秘訣②

ノンジャンル

コピーを書くとき、課題の商品や企業のことをホームページ等で調べると思うんですけど、「調べてみたけど、結局うまく1行にまとめられない」なんて方、いらっしゃるんじゃないでしょうか?そんな奥様に、ご紹介したい考え方が、こちら!

まとめようとしない。

例えば、バッグのコピーを書くとき、その特徴が

「洗練されたデザイン」
「ポケットがたくさんある」
「リーズナブル」


だったとします。この3つをいきなり1行に詰め込むのは、結構ムズイです。伝えたいことが3つもあるので。それよりは、1つ1つの機能について考えを膨らますほうが、楽です。

「バッグのセンスって、見ていないようで、実は見ているよなぁ」
「ポケットが少ないと、小物が行方不明になるよなぁ」
「お金をかけた感のあるバッグも、恥ずかしいよなぁ」


とか、1つ1つについて考えを膨らましていくと、それだけで、3つコピーが書けます(笑) むしろ、1つ1つを膨らますことで、コアな共通点も見つかっていくと思うんですよね。

「使いやすさも、デザインのうちかも」
「洗練されているから、安くできるんだ」


と、1つ1つをじっくり考察することで、気づくことも増えていくと思います。自分の場合は、課題のページやホームページの文言の意味や価値を、1つ1つ立ち止まって考えていることや、さらに調べていることが多いです。「ナチュラルサイエンスってなんだよ!?」とか(笑) サラッと読み流して、ペンが動かなかったときなどに、ぜひ、お試しください! 

キャッチコピー・ライティングのご依頼、絶賛受付中

ちなみに、最近バッグを新調しました(笑)

コメント

タイトルとURLをコピーしました