ETVOS(難易度☆☆☆☆)

感想

化粧品って、そろそろ男にもその波が訪れるんじゃないかと、ビクビクしています。ヒヒ馬です。例えば、「肌男のメンズビオレ」という洗顔がありますよね。あれって、ただの「洗顔」というくくりから「美容」というフェーズに移行しようとしているのが少し透けて見えるんですよね。スキンケアをする男性はまだ少ないけど、洗顔をする男性はたくさんいる、そこに目を付けて、ただの「洗う」洗顔から、「肌をきれいにする」洗顔に移行しようとしている気がします。これから、絶対男のスキンケア需要もくるはず。そう、何が言いたいかというと

化粧品のコピーも、強くなりたいーーー!!!

というわけで、今日は、この課題に取り組んだ感想です。


ETVOS(エトヴォス)の魅力を伝え、使ってみたくなるアイデア

ナチュラルサイエンスなスキンケアとクレンジングいらずのミネラルメイクの組み合わせが売りだそうです。「え、ナチュラルサイエンス? クレンジングって? ミネラルメイク?ミネラル麦茶なら知ってるけど」と、そもそも商品の特性を理解するところから大変でした。こういう単語の中身を知ることも大切だと思うんですがなぜその単語を使っているのか」も考えることも大切なのかなと感じました。なぜ「ナチュラル」ではなく、「ナチュラルサイエンス」としているのか。完全に推測ですが、多分、「ナチュラル」だけだと競合が多すぎるから、「ナチュラルサイエンス」とすることで、「ETVOSはしっかり美容を科学的な視点から分析して、効果がある成分を使っているんですよ」という説得力をPRしたいのかなとか。そういう裏を考えると、意外と切り口は少し見えてきます。ナチュラルサイエンスなコピーを、何とかひねり出したい…!(笑)

キャッチコピー・ライティングのご依頼、絶賛受付中

最近、ガストのチーズインハンバーグしか食べてないけど、肌大丈夫かな?(笑)

コメント

タイトルとURLをコピーしました