消えない過去。

ユーモア

過去は振り返らないようにしています。ヒヒ馬です。だって、振り返ると、

あの時、あーしてればよかった。
あの時、こー言っておけばよかった。

と、ほぼ後悔しか残らないからですね。過去=後悔です。そう、特に嫌な記憶ほど、ずっと心に残ってしまいますからねぇ。というわけで、今日は、この深そうなコピーを分析します。

消えない過去。

セゾンカードのご利用ポイントには、
有効期限がありません。


(クレディセゾン「セゾンカード」/第40回宣伝会議賞協賛企業賞)

コピー「消えない過去。」
読者「なんだ、もしかして、犯罪でもやらかしたのか…?」
コピー「セゾンカードのご利用ポイントには有効期限がありません」
読者「ポイントの話かーい!」

みたいなユーモアがあるキャッチコピーですよね(笑) 深刻なコピーかと思いきや、みたいな裏切りがあるかなと思います。こういう「深刻トーンの裏切りコピー」は、宣伝会議賞ではよく見ます。

食うか、食われるか。
(エステー 米びつ用防虫剤「米唐番」/第52回宣伝会議賞協賛企業賞)

息子が夜遊びに誘ってくる。
(天体望遠鏡メーカー ピクセン/第51回宣伝会議賞協賛企業賞)

言葉が通じないヤツには、
身体で覚えさせるようしかないようだな。

(キッコーマン/第55回宣伝会議賞3次通過)

どれも怪しい雰囲気のコピーだけど、課題を見て「なーんだ」とほっこりするような効果がありますよね(笑) こういうユーモアのあるコピー、1回作ってみたい…!!

キャッチコピー30案、1万円で、制作いたします!

ま、過去より、未来っしょ!(笑)

コメント

タイトルとURLをコピーしました