今年のSBCラジオCMはスゴイ!~しなのいえ工房~

ハートフル

千鳥の相席食堂に、ハマりました。ヒヒ馬です。芸能人がロケの様子を千鳥がスタジオで突っ込んでいく番組なんですが、本当ツッコミが冴えわたりすぎて、声が出るほど面白い…(笑) そのツッコミの着眼点が、予想できない鋭さで、ずっと見てられます(笑) というわけで、そんな「予想できないような」展開のラジオCMを見ていきます!

女性:この部屋、せまくない?
男性:え?
女性:ふたりのものも増えたし、 こどももできたら…って何笑ってるの?
男性:部屋がせまいって、うれしいなって。
女性:(笑いながら)なにそれ。
NA:幸せが部屋からあふれたら、家を建てませんか。 しなのいえ工房。

第8回SBCラジオCMコンテスト 入選

「部屋の狭さが嫌になって、新しい家を考える」というのがオーソドックスなパターンだと思うんですが、この作品は部屋が狭いことも「嬉しい」と肯定しているんですよねぇ。狭い部屋に住んでいる人も傷つけないような提案をしているんですよ。「部屋が狭くなったら」じゃなくて、「幸せが部屋からあふれたら」って、このコピーは本当に優しい人にしか出てこない言葉だなぁ。相手の現状を否定するんじゃなく、肯定しながらもさらにプラスの提案をするような作品は、キャッチコピーにもあります。

結婚しなくても幸せになれるこの時代に、私は、あなたと結婚したいのです。

ゼクシィ

このコピーも、結婚しない人生を肯定しつつ、結婚する人生を提案していますよね。今の選択肢も「素晴らしい」と認めながらも、新しい提案をしていくスタイルは、誰も傷つけないし、炎上のリスクも減るし、結構今後流行っていきそうな感じがするなぁと思った、受賞作品でした!

コピーライターに、10案1万円で、依頼できます!

コピーって、やっぱり人間性が出る気がするなぁ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました