ポール・スミスと、セゾンカード。

振り返り

私のお気に入りブランドは、もちろんユニクロです。ヒヒ馬です。とりあえず、グレーのTシャツとジーパンを履いてりゃ何とかなるっしょスタイルを、ずっと貫いていたのですが、フリーランス活動を初めて気づいたんです。

やべ、まともな服、全然持ってない…

打ち合わせのとき、交流会のとき、さすがにユニクロのTシャツを羽織っていくわけにもいかず…。なので、東京に来た時にまず始めたことは、服探し。三越や伊勢丹、高島屋など回ってみたんですが、なんか、

雰囲気が、恐れ多すぎる…。

本当は、入った瞬間、あらゆる服の値札を速攻で見て回りたいところなんですが、そんな勇気はなく、なんかファッションを分かった風に顎に手を置きながら、さりげなく値札を見て、退散ばかりしておりました(笑) 

そんな中、見つけたポール・スミス。なんかシンプルなデザインでクリエイターっぽいし、「ポール・スミスで買った」とか言ってみたいしと、素人丸出しで入店。案の定予算オーバーだったんですが、そんな貧乏な僕を見かねてか、店員さんが、「もっとリーズナブルなものが、しまってあるんですが、出しましょうか?」と、勧められたジャケットが好きなやつ!そして、僕は、新調したばかりの財布を出し、少々声を低くして、ドヤ顔で言い放ちました。

カードで、お願いします。

跪いた店員さんが持つキャッシュトレーに、クレジットカードをスッと乗せるオレ。そう、もうそこには、値札をビビりながら見ている自分はもういません。この瞬間、思いました。

これこそ、大人の、買い物…!

と、だいぶ誇張し話していますが、でも本当にクレジットカードは、高い買い物でもビビらずに、かっこいい大人の買い物を感じられる小道具だなぁと、買ったポール・スミスのジャケットを誇らしげに見ながら取り組んでいた、課題でした(笑)

キャッチコピー・ライティングのご依頼、絶賛受付中

今度は、腕時計が、欲しい…。

コメント

タイトルとURLをコピーしました