グランプリ、これじゃね?

うまい

ツイッターでは、「#宣伝会議賞グランプリ予想」という面白そうなハッシュタグをつけて、皆さん好きなファイナリスト作品を挙げられていますね。ヒヒ馬です。「日曜日の味がする。」「履き慣れた靴は、買えない。」が人気なのかなぁという印象なんですが、自分はわりとズレてます…(笑)というわけで、グランプリは、きっとこれだ!

【課題】実家の親にヤフーのサービスやアプリを使ってもらうためのアイデア

【街中】篇

母:このお店、どう行けば良いのかしら。
息子:スマホで調べようか?
母:何でもスマホスマホって若い子は。
  人に聞けば済むのに。
  ほら、あそこのおじいさんに聞いてみましょう。


母:すみません、このお店って、どう行けば良いですか?
お爺さん:ちょっと待ってね。いまスマホで調べるから。

N:聞くより早い、ヤフーアプリ。

え、このCM、完璧すぎません?(笑) 「親にヤフーアプリを勧める」という課題にちゃんと応えているし、シチュエーションも入り込みやすいし、フリも完璧だし、オチも笑えるし、メリットもシンプルで分かりやすいし、共感も湧くし。え、非の打ちどころ、あります?(笑) こんな身近なシチュエーションで、こんなシンプルに面白いオチが作れるんだぁと、すごい勉強になってしまいました。これなら、一般の人にも、絶対分かってもらえる作品だと思うんですよねぇ。ほら、宣伝会議賞のファイナリストって、だいたい飛躍ぎみじゃないですか。「え、その1行で、通じる?」みたいな。あんまりそういうの自分は好みじゃなくて(自戒を込めて)。でも本当、これは、流してほしい。テレビでもいいぐらいな気がする。

超自然

普通のシチュエーションで飛躍するのって、すごい難しいんですよ。だからといって、あんまり突飛なシチュエーションだと、周りの人に共感されにくいものになってしまって、その塩梅がすごい大変なんですよね。でも、このCM、違和感ゼロ!「街でお店の場所を探す」こともありそうだし「息子がスマホで調べる」こともありそうだし「母が人に聞きたがる」こともありそうだし「お爺ちゃんがスマホを使う」のも、今ではあり得るんじゃないかなと、思うんです。すごくないですか。すべて、自然なんです。なのに…。

笑える

このお母さんの「何でもスマホスマホって最近の若い子は」ってフリがちゃんとあって、本当、考えられているわぁ。このお爺さんのセリフ、多分、とぼけた感じにするほど、面白い気がする(笑)もう、こういうシンプルな裏切り、大好き(笑) 

コピーも強い

同じファイナリスト作品の「息子に聞くより早いわ」よりも、自分は、「聞くより早い」の方が好きですね(笑) もうごちゃごちゃ余計な論理とか使わず、新しいことわざになってもおかしくないぐらいの格言っぽい「聞くより早い」というドーンとした感じが、好きです。「ヤフーの手軽さ」や「早さ」も、このコピーの早さとマッチしている気がするんですよね。

一見、地味に見えると思うんですが、実はちゃんと作品にすると面白いのは、このCMなんじゃないかなぁと思って、グランプリ候補にしました! コピーばかりの大会の中で、CMが一泡吹かせてほしいという謎の願望があるので、ノミネートされること、願ってます!(笑)

コピーライターに、30案1万円で、依頼できます!

自分は、分かりやすい作品が、好きなのかもしれない(笑)

コメント

タイトルとURLをコピーしました