もし、その商品がなかったら。

自分なりの書き方

よく忘れ物をします。ヒヒ馬です。一番ひどかったのは、小学生の頃の帰り道、「今日はなんか身体が軽くて気分がいいなぁ」と思ったら、ランドセルを忘れていました…。そんな自分が、物流担当になったら、きっと毎日納品ミスしまくると思います(笑) そんな時でも安心の、この課題。

企業が緊急配送でPickGoを使いたくなるキャッチフレーズ

これ、結局「早く届ける」の言い換えコピーが多くなってしまって、わりと切り口が限られて難しくないですか? なので、視野を広げるために、こんな考え方をしてみます。

もし、配送漏れをしたときに、PickGOがなかったら。

皆さんはどういう行動をとりますか?自分が考えたのは、

①後の便でも間に合うか確認する。
②緊急配送ができる運送会社をネットで探す。
③自分の車で届ける。
④タクシーに荷物を載せる。
⑤諦めて謝る。

荷物の大きさや届ける場所、緊急度にもよって行動は変わると思うんですが、色々考えられました。特に②。赤帽などが、このPickGoの競合になってくるのかなと思います。「赤帽」ではできないこと、「赤帽」では不便なことを考えることで、より「PickGo」ならではの良さが見えてくるかもしれません。②だけではなく、それぞれ代替案と比較することで、わりと色んな切り口が見つかってくることに改めて気づいている、今日この頃です。

キャッチコピー・ライティングのご依頼、絶賛受付中

札幌で、忘れ物しないようにしないと。

コメント

タイトルとURLをコピーしました