おばあちゃん、かきまぜなくてもおいしいよ。

ハートフル

不思議なもので、ガストに通いまくってくると、結構種類があるはずのドリンクバーですら、飽きてきます。ヒヒ馬です。そんな中でも、ずっと飲み続けられるものが、

バニララテ

カフェラテとか、ロイヤルミルクティーとか、色々冒険してきたけど、これだけは、一生飲んでられます(笑) あとは、これも好きですね。

おばあちゃん、
かきまぜなくても

おいしいよ。

みんなの飲み物。
カルピスウォーター
(第40回宣伝会議賞協賛企業賞)

カルピスも、好きです!そして、このコピーも好きです!まず、

絵が浮かぶ

夏の暑い日、お婆ちゃんが家でカルピスウォーターをコップに移してかき混ぜているところの、孫のセリフというのが、すごい伝わってきます。地の文に比べて、セリフってやっぱり強いですよね。「誰」「どこ」「誰」「どういう気持ち」というのが、一気に伝わるというか、一気に想像させられる、そういう力を持っている気がします。みんなやっぱり聞きたいのは、説明でも説得でもなく、人の声だと思うんですよぇ。優しいトーンを求められたときに、セリフは1つ手法として考えておきたいですね。

関係性で伝えるメッセージ

孫と祖父母→老若男女
高校生同士→青春
親と子→家族愛
上司と部下→労い、尊敬

登場人物の関係性で、メッセージまで込められることができると思います。このカルピスのコピーは、お婆ちゃんと孫という、一番大きい年齢幅の登場人物を出すことで、「みんなの飲み物」というメッセージに説得力を持たせてますよね。もし仮に父親がカルピスをかきまぜていたら、「みんなの飲み物」というより、「家族の飲み物」感がありますよね。高校生同士でカルピスを飲んでたら、「青春」が伝わりますよね。頑張ってる部下に、上司がカルピスを渡したら、「労い」を感じますよね。登場人物を色々変えていることで、商品の色んなメッセージや見つかるかもしれません。

CMも、どのタレントを使っているかで、どの層に届けたいのかを、なぜ、その層に届けたいのかとかを、想像しながらみてみると結構面白く思えてきます(笑)

キャッチコピー30案、1万円で、制作いたします!

どなたか、私に、リゲインとモンスターをください…(笑)

コメント

タイトルとURLをコピーしました